ドライアイ・メガネ・コンタクト

ドライアイ・メガネ・コンタクト

ドライアイ症状

ドライアイは、涙の量が少なかったり、涙の質に変化が生じて、目の表面の健康が保てなくなるものです。

ドライアイの症状
  • 目が乾いた感じがする
  • 泣いても涙が出にくい
  • 目がごろごろし、涙がでる
  • 目が疲れる
  • 目が重い
  • 目が充血する
原因

加齢や病気により、涙腺で作られる涙の量が減少したり、涙の質に問題があるためドライアイが起こります。その他に、パソコンやスマホ、テレビやゲーム、読書、車の運転などの長時間のはドライアイの原因となります。

治療

ドライアイは視力低下の原因になるため、点眼薬で治療に努めます。ヒアルロン酸点眼や、新しく開発されたムチン関連点眼、人工涙液など、点眼薬にはさまざまな種類の薬がある為、患者様一人一人の症状に合わせたものをご提案させていただいております。なお、点眼薬で症状が改善しない場合や、難治性のドライアイについては、涙点プラグ挿入術などの治療を行います。

メガネ・コンタクトレンズ

近視・遠視・斜視・弱視における治療法は、主に生活改善とメガネの装用になります。
目が成長途中の子ども(特に小・中学生)のうちはコンタクトレンズではなく、メガネを装用することをすすめています。メガネを装用することが難しい場合はご相談ください。

コンタクトレンズを装用される患者様は、まずは検査を受けていただき、一番患者様に合うコンタクトレンズを選びます。すでに使用している方も、 定期的に検査を受けて目のトラブルを防ぎましょう。